⑦人工水晶07(意識増幅・パワーアップ・基材) 縦23㎝×横15㎝×高さ8㎝
5dd39bb5e390072e48a4a879 5dd39bb5e390072e48a4a879 5dd39bb5e390072e48a4a879 5dd39bb5e390072e48a4a879

⑦人工水晶07(意識増幅・パワーアップ・基材) 縦23㎝×横15㎝×高さ8㎝

残り2点

¥65,000 税込

送料についてはこちら

【意識増幅・パワーアップ用レート】 こちらは人工水晶の持ち主が自分の波動調整することで意図する意識増幅力アップ、実行力のパワーアップをするレート付きです。長期的な波動転写がおすすめです。 人工水晶は、世界中で使われている時計、パソコン、TV、あらゆる「電子機器」の心臓部である、水晶デバイスとして使われています。 その人工水晶の波動的効果があることがわかり、鉱物の代りに意識増幅装置として使えます。 弊社で販売している、各種、装置や鉱物やアート全部に人工水晶と一緒にお使いになれます。 ①マグネトロンアート白と黒 ②封印解除アート ③ヘキサゴンアート ④META-TORONアート ⑤インアンドヤンアート ⑥浄霊浄化、波動転写の時の増幅装置としてお使い頂けます。 ⑦自分のオリジナル用の制作の「基材」として使えます。 ※自分が作った波動レートや既存のレートを使い、波動転写して金運アップ用、健康長寿用、仕事用、浄霊浄化用、波動調整用、装置の下に人工水晶をセットすると装置がパワーアップして波動も増幅されます。 ⑧チャネリング用として使えます。 (チャネリング用は限定4本のみ) ⑨プロテクション用として使えます。 (プロテクションは限定1本のみ) ⑩複数の人工水晶や鉱物を混ぜてグリットを組むことで波動が強化されます。 人工水晶は多岐にわたりいろんな用途でお使いになれます。 さらに! アートや鉱物を使っている方は、このような使い方をしていただくとパワー増強、波動が増幅されます。 ①~⑤までのアートをお持ちの場合、それぞれにアートの上に人工水晶を置き、さらにその上に「自分や他者の情報の紙」を置いてその上にアゼツライトを置いて使う。 ⑥の装置をお持ちの方(マグネトロンジェネレーター、マグネトロンminiなど)人工水晶の上に装置を置きます。 これが最強の使い方となります。 ぜひ、人工水晶の波動や使い方をマスターしてみてください。 今までのやり方よりさらに進化した技術となり遠隔調整の技術が飛躍的にアップします! パワー増強、波動の強さ、エネルギーアップ、浄霊浄化力、遠隔力、波動調整力が段違いにパワーアップします! 【注意事項】 人工水晶を製造時に針金につるして作るため、人工水晶ないに残が残っています。表に出ている針金はカットしていますが、切り口を触ると切れる場合がありますのでご注意ください。 人工水晶のハーフサイズは、1本を半分に切っているので、鋭利な場所が多々あります。また、1本そのものでも鋭利な所、カケ、傷がありますので、浄化する場合、水洗いする場合、慎重に取り扱い、持つところは注意して持つようにお願いします。うっかり持ってしまいますと指を切るおそれがあります。 鋭利な所は小さく切ったセロテープを張ってご対応お願いします。 【浄化について】 人工水晶はセージで浄化、水洗いをお勧めしています。 浄霊浄化ができる技術者は人工水晶の浄霊をたまに行っていただければと思います。 弊社の鉱物、人工水晶は販売する前に必ずきれいに浄化して磨きをかけてから浄霊浄化して活性化処理をしています。 ------------------------------------ 【人工水晶の歴史】 人工水晶育成の歴史は1905年にイタリアのGeorge Speziaが水熱合成法により人工水晶を育成したのが始まりで、日本では1953年に山梨大学において研究が開始されました。その後オートクレーブと呼 ばれる高温・高圧の育成炉に改良が加えられ、育成技術も向上され、人工水晶の工業化は1959年に育成炉1基あたりの生産量7kgで開始されました。 その後、技術の進歩により天然水晶と同レベルの品質の人工水晶の量産が可能となり、オートクレーブの大型化が推進され、1973年には1m3以上の内容積を持つオートクレーブが現れ本格的な量産が実現しました。現在では内容積4m3を超えるオートクレーブもあり、1基あたりの生産量も2トン (2,000kg) 以上となっています。 【人工水晶の作り方】 人工水晶は、水晶のアルカリ溶液に対する溶解度が温度により異なる (高温で水晶が多く溶ける) ことを利用し、高温・高圧の雰囲気で育成する、いわゆる水熱合成法と呼ばれる方法で育成されます。 育成炉はオートクレーブと呼ばれる圧力容器で、この中にNa2CO3やNaOH等のアルカリ溶液を充填して昇温し超臨界状態で水晶が育成されます。 オートクレーブの上部が下部より低温になるように維持すると高温・高圧下で溶解した原料が溶液の対流により下部から上部へ移動して、種結晶上に析出することにより人工水晶が育成されます。 用途に合わせ、育成条件、種結晶の方位および寸法を調整し、形状・寸法および特性の異なった人工水晶が育成されます。充分な管理の下に育成された人工水晶は、形状や寸法が制御されて均一な品質を持っています。(4枚目の写真) 【お問い合わせ】 ㈱スターゲイト紫水 stargate@stargate.company